Panasonic ENERGY


ENTRY
Scroll
chapter01

エナジーの原点

幸せな世界を未来につなぐ。その決意を一枚の絵にこめて。

2021年1⽉_。
⼤阪府守⼝のとある会議室。
まだ社名すら決まっていない状況で、
経営メンバーを前に只信が語った言葉。

「新会社のスタートにあたり、
私はこんな夢を描いてます。

クルマが空を⾶び、
ロボットと⼈間がともに暮らす日常。

森の中で⼦どもたちが、
動物と楽しく遊んでいる世界。

人々が未来に少なくない不安を抱く今だからこそ、
幸せに満ちた未来を描きたいと強く思っています」

テーブルには、その未来を描いた一枚の絵。
決意を共有するために、只信自身が用意したものだった。

「ここに描かれたお墓は私の墓、
もっと⾔えば私たちの墓。
私たちが⽣きているうちには、
こんな未来が来ないかもしれないけれど、
少なくとも次の世代へつなぐための本質的なことを
新しい会社の使命として、
全⼒で取り組みたいと思っています」

電池をつくるのではない。社会の課題を解決するのだ。

経営メンバーは、経歴も、専⾨領域も異なる。

誰もが「集まること⾃体が信じられない」と
話す異⾊の⾯々。

しかし只信の描く未来に共感した彼らは、
その実現に向けての具体的な議論を開始した。

新会社の存在意義は?
どんな未来をめざす?
⾃分たちはどんな風に変わっていくべきか?

辿りついたひとつの答え。それは、

「電池をつくる会社ではなく、
社会課題を解決する会社になる」

昨今、電池関連事業の研究開発に、
世界中の企業が莫⼤なコストとリソースを投じている。
それはつまり近い将来、
クルマやスマートデバイスにとどまらず、
多くのプロダクトがバッテリーを積んで
“電動化”することを意味する。

その時、電池メーカーは
“社会のインフラを支える存在”になる_ 。

そう自覚した時、
メンバー全員の、そして会社全体の
向かうべき未来の方向が決まった。

※ 2021年1⽉に始まった幹部ミーティングは、
今なお毎週続けられている。

人類の幸せと環境の維持の両立。その“矛盾”に立ち向かう。

「電池製造」という業務を充電や発電⽅法まで
含めたさらに⼤きな領域として捉え、
電気(エナジー)そのものの
ポテンシャルを拡張させていく。

その思いから、
社名は「パナソニックエナジー」に決まった。

めざすMission、Visionを策定するにあたり、
メンバー内では大きく2つの考え⽅があった。

EVOLTAなどを開発してきたメンバーの
「幸せを追求する」、
テスラ社と協働していたメンバーの
「持続可能な環境をつくる」。

⼈類の幸福と、⾃然環境の維持。

⻑らく⼈類が対峙してきた、この大きな⽭盾と
果たしてどう向き合っていくべきか。

議論の末に出した答えは、

“逃げない”。

ここであきらめては、
幸せな世界を未来に残すことはできない。

世界を本当に変えるなら、
両者の「⽭盾なき調和」をめざすことこそが、
与えられた大きな使命であり、
メーカーとしての責任のはず。

「人類として、やるしかない」。

パナソニックエナジーとしての、
Will(意志)が決まった。

chapter02

会議室から森へ

“自然環境と調和する”その意味を探しに、森へ。

議論の末、Missionは
『幸せの追求と持続可能な環境が、
⽭盾なく調和した社会の実現』に決まった。
しかし…とメンバーは思う。

「私たちは“持続可能な環境”や“調和”の
本質的な意味を理解しているのだろうか?
耳障りの良い机上の空論に
過ぎないのではないか…」

そんな時、只信から提案があった。

「会議室を出て、現場に⾏ってみてはどうだろう」

メンバーは太古の原⽣林が広がる
岡⼭県⻄粟倉村へ向かった。

そこで地域のローカルベンチャーを⽀援する
牧⼤介⽒に出会う。
森のプロフェッショナルである彼は、
原⽣林を歩きながらたくさんの話をしてくれた。

動物、⿃、⾍、⿂、⽊、葉、草、花、菌、
そして人。

多種多様な生物が
豊かに調和する世界に身を委ねながら、
いまいちど心の中でMissionを唱えた時、
メンバー全員が直感的にひとつのことを理解した。

「この森を奪うことは、多くの命を奪うことだ」

生命と環境の調和。その理想形を森に学ぶ。

牧⽒は語る。

「⽊々は菌を通して地⾯の下で会話しています。
例えば、ある⽊が害⾍に襲われたとします。
するとその木が菌⽷を通じて
周囲の木に害虫の存在を知らせ、
信号を受け取った木は防御物質を発して
身を守ることができる。
生き延びた木は、
⿃や動物たちの餌となる葉や実をつけ、
枯れてしまっても、
昆⾍や微⽣物たちを⽣かす栄養になる。

この様に森全体がつながり、
互いに助け合って⽣きているのです」

…まさに私たちがめざす“調和”そのもの。

各メンバーともこれまでの仕事において、
⼈々の幸せを追求してきた誇りと⾃負があった。
しかしこれからの時代、それだけでは足りない。

つくるべきものはつくりながら、
環境をあるべき姿に戻していかなければならない。

あらゆる⽣命が豊かに、
いきいきと⽣き続けている森には、
持続可能性や多様性、共⽣、循環といった
未来に不可欠なキーワードが
“矛盾なく”共存していた。

発見と刺激に満ちた『森の会議』を、全社員へ。

森での“出張会議”はそれから何度も続いた。

自然散策やキャンプをしながら考え、
時に焚火を囲みながら重ねた議論は、
会議室や⼯場では得られることのない
貴重な経験だった。

1⼈ひとりが今までの仕事を見つめ直したり、
発⾒や刺激と出会う最高の機会となった。
(途中、感極まって涙する者もいた)

「この経験を、全社員にしてほしい」

「森という“めざす理想形”に包まれながら、
自分の将来を、会社の未来を語り合ってほしい」

そんな思いから『森の会議』は生まれた。

四半期に⼀度、
少⼈数に分けて全社員が参加する
パナソニックエナジーの
ユニークな取り組みのひとつである。

chapter03

意志の拡張

めざす未来を象徴するシカのシンボルマーク。

「⼈類として、やるしかない」

パナソニックエナジーの意志(Will)を、
すべての⼈に深く、わかりやすく伝えることを目的に、
ひとつのシンボルマークを制作した。

「やるしかない」という言葉から選んだのは、
“シカ”のモチーフ。

広がるツノを緑ゆたかな枝に見立て、
人々の営みを示す光で包みこむことで、
⼈々の幸せと持続可能な環境が
調和した世界を表現した。

「やるしかない」という意志を起点に、
幸せを、美しい地球を、
未来に広げていきたいという願いを込めている。

マークに描かれたシカ(yarushika)は
パナソニックエナジーの社員一人ひとり。
細い首でも大きな地球をしっかりと支え、
未来に向かって毅然と立ち続ける存在でありたい。

このマークは、そんな私たちの思いを代弁している。

働きながら“森”を感じられるオフィスを世界各地で設計中。

森での経験は、
オフィスデザインにも影響している。

本社のある守⼝市のオフィス。

エントランスで出迎えるのは、
鬱蒼とした森の壁。
植物は本物にこだわり、生態系の営みを再現した。

休憩スペースにはテントやキャンプギアを設営し、
オフィスにいながら自然の中でくつろげる演出を。

もちろんオフィス各所にも多種多様な⽊々や草花を配置。
つねに“森”というめざすべきお手本を
身近に感じながら働ける空間をめざしている。

心理的なリラックス効果は言うまでもない。

さらにパナソニックエナジーの発信力を高めるため、
360°スクリーンの「ビジョンスタジオ」を建設。

2021年10⽉1⽇の会社設⽴の⽇には、
経営メンバーが全社員に語りかける
映像配信イベントが⾏われた。

職場に“森”を取り⼊れるプロジェクトは現在進行形。

守口以外の日本各地、
そして世界数か国の⼯場にも広がっている。

一人ひとりの輝く個性で大きな景色を描きたい。

どれほど経営メンバーの思いが熱くても、
社員に共有されなければ意味がない。

パナソニックエナジーの社員は、世界に約2万人。
それぞれが夢と熱量を持ち、
一丸となって取り組まなければ、
理想の未来など実現できるわけがない。

そのイメージは、
たったひとつの個が放つ眩い光ではなく、
無数の光が集うことで生まれる果てしない光景。

そう、まるで夏の夜を彩るホタルのような。

パナソニックエナジーが歩む道は、
⻑く、険しいと思う。

しかしそう見えるのは、
世界がまだ本気で取り組んでいないから。
見方を変えれば、
可能性にあふれている。

そんな無限のチャンスを前にして、
怯むことなく、
ともに挑める仲間がほしい。

世の中の期待を追い風に、
可能性を伸びしろと捉え、
高い壁を越えていける仲間に会いたい。

「⼈類として、やるしかない」

パナソニックエナジーの冒険は、
いま始まったばかりです。

未来を変えるエナジーになる。

パナソニックエナジーは、本気でそう思っています。
私たちの前に現れる社会課題に
⼈類としての意志を持って立ち向かい、
答えを出し続けることが、
唯⼀、未来を変える⼿段だと信じています。

あなたのエナジーで、人類の未来を変えてください。